注文住宅を建てる際には保険加入の手続きを忘れずに行ってください

ベットのある部屋

必ず受けられる保険もある

階段のある部屋

注文住宅を建設する際には、様々な保険を受ける事が出来ますが、中には保険の加入が義務付けられているものも存在しています。それは、瑕疵担保保証という保証制度で、注文住宅を建設した時に何らかの『キズ』があった場合、その『キズ』を施工会社が修復をしなければならないようになっている制度です。
この制度は、2000年頃に設けられた『住宅の品質確保の促進等に関する法律』、通称『品確法』を根拠として施工会社が瑕疵担保責任を負うことが義務付けられた法律です。この法律によって、施工会社は注文住宅を建設してから10年に渡って保証を行う義務がありますが、保証対象は雨漏りと基本構造部分に限定されています。ですから、雨漏りや基本構造部分などは保証対象ですが、住宅設備や外壁などは対象外なので注意が必要です。しかし、雨漏りや基本構造部分のトラブルは、その他のトラブルよりも深刻なケースとなる場合が多いので、注文住宅を建設する際の保証としては安心できるものとなっています。ただ、保証の費用は必要ないのですが、仮に施工会社が倒産した場合は保証を受ける事ができません。ですから、新築した注文住宅を中古物件として売却する時には、引き続き保証が効かないので、注文住宅を後々売却する予定があるのならば、その他の保険も検討する事をお勧めします。

きれいな部屋

地盤保証の付いている土地を選ぶ

注文住宅を建設する際には、地盤保証の付いている土地を購入することをお勧めします。地盤保証とは、注文住宅を建設した土地になんらかの地盤のトラブルによって損害が起こった場合に、建物と地盤の保証を行ってくれる仕組みになっています。注文住宅を建設する時には、手抜き工事を行っていなくても様々なトラブルが起こってしまうことがあります。そのなかでも地盤のトラブル、特に不同沈下などが起こってしまうと、せっかく建設した注文住宅が非常に深刻的な事態に陥ってしまいます。不同沈下を簡単に説明すると、建築物の重さに…

MORE ▶