注文住宅を建てる際には保険加入の手続きを忘れずに行ってください

ベットのある部屋

注文住宅を建築士に依頼する時の保険

エレガントな部屋

その昔、耐震偽装が我が国では問題になったことがあります。これを受けて建築士法が改正され、設計などでトラブルが起こった時に、依頼者の求めに応じて保険契約を結んだ際の内容を記録した書類を閲覧させることが義務付けられました。この様に、建築士の責任が明確化されたものの、現実問題として個人の設計事務所の財務を考えれば、何らかの設計ミスによって賠償責任が発生しても、完全に保証できない可能性があります。こういった事態を受けて誕生したのが建築家損害賠償保険ですが、注文住宅を設計事務所依頼する場合には、こういったところにも注目して依頼する事をお勧めします。建築士損害賠償保険とは、建築士による設計および監理ミスによって発生した様々なトラブルを補償する保険のことです。例えば、注文住宅を設計した際に、構造設計のミスによって強風で屋根が吹き飛ばされてしまった時や、設備設計のミスによって給排水設備にトラブルが起こった際に保証を行います。
また、設計上の過失で人的損害(怪我など)が起こった際も保証対象となります。ただし、この保険は注文住宅の設計依頼者が加入する保険ではなく、建築士が加入する保険です。また、この保険は加入を義務付けられているものではなく任意で加入する保険なので、注文住宅を依頼する際には、事前に確認しておく事をお勧めします。

きれいな部屋

地盤保証の付いている土地を選ぶ

注文住宅を建設する際には、地盤保証の付いている土地を購入することをお勧めします。地盤保証とは、注文住宅を建設した土地になんらかの地盤のトラブルによって損害が起こった場合に、建物と地盤の保証を行ってくれる仕組みになっています。注文住宅を建設する時には、手抜き工事を行っていなくても様々なトラブルが起こってしまうことがあります。そのなかでも地盤のトラブル、特に不同沈下などが起こってしまうと、せっかく建設した注文住宅が非常に深刻的な事態に陥ってしまいます。不同沈下を簡単に説明すると、建築物の重さに…

MORE ▶