注文住宅を建てる際には保険加入の手続きを忘れずに行ってください

ベットのある部屋

快適に過ごすには重要な建築材料

テーブルとソファ

断熱材は、注文住宅で快適に過ごす為には非常に重要な建築材料で、内外の熱を遮り注文住宅内の熱の流れをコントロールする役目を持っています。断熱材の材料は、基本的に厚みに比例して断熱性能が高くなり、それと共に価格も高くなります。ですから、注文住宅に使用する断熱材に高いものを使用すると、建築後の冷暖房効果を上げることが出来るので、注文住宅を建設する時には予算と共に建設後のことも考えて断熱材を選定するといいでしょう。なお、断熱材は大きく分けて3種類に分かれており、無機質繊維系、発砲プラスチック系、木質繊維系が存在しています。
無機質繊維系断熱材は、耐熱・耐火性、吸音・防音性に優れており、施工性もいい材料です。しかし、性質として空気や水を通し易く水分を含み易いので、断熱工事と共に防湿処理の必要性がある断熱材です。発砲プラスチック系の断熱材は、石油製品に発泡剤を混合して作られている断熱材です。発砲させて空気を閉じ込めて断熱効果を得ています。なお、無機質繊維系断熱材よりも性能が高いといわれています。木質繊維系の断熱材は、木材を細かく分断し特殊な接着剤等で繋ぎ合わせている断熱材です。原料が木材なので環境に優しい断熱材です。ただし、断熱材の性能を引き出すためには、断熱材の種類よりもしっかりとした施工が重要になります。ですから、注文住宅を建設する際には、施工の状況をよく確認しておく事をお勧めします。

きれいな部屋

地盤保証の付いている土地を選ぶ

注文住宅を建設する際には、地盤保証の付いている土地を購入することをお勧めします。地盤保証とは、注文住宅を建設した土地になんらかの地盤のトラブルによって損害が起こった場合に、建物と地盤の保証を行ってくれる仕組みになっています。注文住宅を建設する時には、手抜き工事を行っていなくても様々なトラブルが起こってしまうことがあります。そのなかでも地盤のトラブル、特に不同沈下などが起こってしまうと、せっかく建設した注文住宅が非常に深刻的な事態に陥ってしまいます。不同沈下を簡単に説明すると、建築物の重さに…

MORE ▶