注文住宅を建てる際には保険加入の手続きを忘れずに行ってください

ベットのある部屋

注文住宅を建てる始めの一歩

すっきりとした部屋

「自分の家が欲しいなぁ」と思った方に、夢を叶える一歩を踏み出して貰いたく3つのコツを紹介します。
①家族で注文住宅のイメージを描く
全員でそれぞれの希望や夢をとことん話し合って下さい。全てはここから始まります。そして絶対に譲れない第一条件を絞り、出来たら良いなぁ位の第二条件も考えておきます。我が家は第一が「スキップフロア・屋上庭園・バリモダン」第二が「インナーガレージ」でした。
②イメージを何となく形に起こす
①で決めた条件を元に、下手でも何でも良いので間取りや家の雰囲気を描いてみましょう。注文住宅情報誌やマイホームセンター、見学会に行く等実際の注文住宅を見るとイメージに近い物があるかもしれません。更に良いアイディアの発見や素敵な所を真似したりも出来ます。住宅街のお散歩もおススメですよ。
③信頼出来る会社&担当者を見つける
家作りからアフターフォローまで長い長いお付き合いとなります。
特に担当さんとは、本当に何度もやりとりをするので相性は大切だと思います。②を持参して候補の会社を回り、相見積もりを取りましょう。各社の色や得意・不得意な点、担当さんの営業方法や性格もみえてきます。「自分達の第一条件を叶えてくれる」そんな会社に出会えたら、そのご縁を大切にして下さい。
いよいよスタートラインに立ちました。家族皆が幸せに過ごせる注文住宅計画を、ご自分達のペースで焦らず楽しく進めましょう!

注文住宅の成功は理想を明確化する事が重要

自分の理想的な家に住みたい場合、注文住宅を選ぶ場合が多いですが、注文住宅を選んだとしても、成功するためには理想をしっかりとイメージすることが重要になります。理想を明確化するためには、様々な家に関する資料などを集めると良いでしょう。そのような資料をしっかりと観覧することによって、自分の理想を知ることができ明確化することが可能になります。日本で建てられる家のデザインは様々ですが、多くの家を見ることによって、理想的なデザインを知ることができます。またそれを実現するためには、建築業者選びが重要になってきます。
大手住宅メーカーなどでは、様々なデザインの家を建てることができますが、それぞれの個性をしっかりと考えた上で、住宅メーカーを選ぶようにしましょう。また最近ではローコスト住宅なども人気になってきていますが、必要ない部分を削ることによって、注文住宅でもローコスト住宅を実現することが可能です。このように注文住宅は、自分の理想に合わせて様々な建て方が考えられたますが、重要な事は安全面にもしっかりと配慮を行うと言うことです。コストを削減するあまり、安全面に不安を残す結果になった場合は、住む場合に心配事も多くなってしまうので、安全面をしっかりと考えていきましょう。

完成保証を受けるにあたって

注文住宅を建設している途中で施工業者が倒産してしまった場合、建築費の支払いはどうなるのでしょうか。一般的には、一度施工業者と工事請負契約を結んでしまうと、たとえその施工業者が建設途中で倒産してしまっても、支払った建設費を取り戻す事は非常に難しくなります。こういった事態を想定して設けられているのが完成保証なのですが、完成保証は施工業者が保証するのではなく各保証機関によって保証が行われるので、その対象や内容、保証する限度額が変わってきます。また、完成保証の適用を受けるには、事前に必要な保証料も各保証機関によって異なるので、完成保証を受けるにあたっては以下の点を十分確認しておく必要があります。
まず確認しておきたい点は、施工業者が完成保証に加入しているかどうかを確認する事です。完成保証は、全ての施工業者が加入できるものではなく、各保証機関の審査を通った施工業者でなければ加入する事ができないため、注文住宅を建設する際には確認しておきたいところです。次に確認する点は、具体的な保障内容です。前述のように、完成保証の内容は様々です。特に、利用するにあたっての保証料、および保証の対象と限度額、保証の免責事項は十分に確認しましょう。次は、完成保証を受ける為の申請です。完成保証の適用を受ける為には、申請を行わなければなりません。施工業者と契約を結ぶと共に、注文住宅を建てる際に保険加入の手続きを忘れず行いましょう。

きれいな部屋

地盤保証の付いている土地を選ぶ

注文住宅を建設する際には、地盤保証の付いている土地を購入することをお勧めします。地盤保証とは、注文住宅を建設した土地になんらかの地盤のトラブルによって損害が起こった場合に、建物と地盤の保証を行ってくれる仕組みになっています。注文住宅を建設する時には、手抜き工事を行っていなくても様々なトラブルが起こってしまうことがあります。そのなかでも地盤のトラブル、特に不同沈下などが起こってしまうと、せっかく建設した注文住宅が非常に深刻的な事態に陥ってしまいます。不同沈下を簡単に説明すると、建築物の重さに…

MORE ▶